• 印刷する

トップグローブ、自動化で外国人労働者削減

ゴム手袋製造・販売の世界最大手、マレーシアのトップグローブ・コーポレーションは、生産設備の自動化とデジタル化を推進し、過去3年間で1,000人規模の外国人労働者を削減した。7日付スターが伝えた。

同社は、全従業員1万4,000人の75%が外国人労働者で、月給は2,000リンギ(約5万4,000円)。人件費は生産コストの10%を占める。

外国人労働者を1,000人削減すれば、年間2,400万リンギのコスト削減につながる。一方で、生産設備の自動化とデジタル化に向けた設備投資は、年間売上高の1%を充当しているという。2017年通期の売上高は34億リンギだった。

同社は中期的に、外国人労働者の雇用を半減させる計画だ。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

新政権100日、無難な滑り出し 大型事業見直しは成長の下押し圧力(08/17)

首相の支持率71%、政権100日で民間調査(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

新政権100日の評価は「D」=野党(08/17)

地場アイリス、キャッシュレス自販機を駅に(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

RM=27.0円、$=4.10RM(16日)(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

7月の新車販売、前年同月比41%増(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン