• 印刷する

トップグローブ、自動化で外国人労働者削減

ゴム手袋製造・販売の世界最大手、マレーシアのトップグローブ・コーポレーションは、生産設備の自動化とデジタル化を推進し、過去3年間で1,000人規模の外国人労働者を削減した。7日付スターが伝えた。

同社は、全従業員1万4,000人の75%が外国人労働者で、月給は2,000リンギ(約5万4,000円)。人件費は生産コストの10%を占める。

外国人労働者を1,000人削減すれば、年間2,400万リンギのコスト削減につながる。一方で、生産設備の自動化とデジタル化に向けた設備投資は、年間売上高の1%を充当しているという。2017年通期の売上高は34億リンギだった。

同社は中期的に、外国人労働者の雇用を半減させる計画だ。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅近くにホテルが開業…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

国会開幕、焦点は予算案 初日は元副首相の復職話題に(10/16)

9月の新車販売、前年同月比24%減(10/16)

RM=26.8円、$=4.15RM(15日)(10/16)

環ボルネオ高速道、政府は無料化維持(10/16)

低価格住宅は最高30万リンギが妥当=HBA(10/16)

住宅のブミ優遇制度、業界で根強い反発(10/16)

9月のパーム原油生産、前月比14.4%増(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン