• 印刷する

最低賃金4800チャット、異議申し立てを却下

ミャンマー全国最低賃金委員会は5日、法定最低賃金の引き上げ額に対する異議申し立てを却下し、現行比33%増の日額4,800チャット(約382円)に設定することを決めた。改定案は内閣に提出される。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが6日伝えた。

最低賃金委は昨年末の協議で4,800チャットへの引き上げを決定。60日間の異議申し立て期間に、4,092件の反対意見が寄せられた。5日に首都ネピドーで協議し、異議を却下した。

主に労働者側からは5,600チャットへのさらなる増額、雇用主側からは4,000チャット以上を支払えない旨の主張が寄せられた。

最低賃金は内閣の審査を経て最終承認され次第、適用する。3カ月の研修期間は最低賃金の50%以上、その後の3カ月の試用期間は75%以上が支払われる。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

農業の高付加価値化へ支援を 物流や人材育成、緬商議所が訴え(10/17)

国軍がFBで情報操作、迫害支持狙う(10/17)

英国、木材産業の支援を中止=難民問題で(10/17)

4~9月の貿易赤字、13億米ドルに縮小(10/17)

ヤンゴン駅周辺再開発、土地調査を開始(10/17)

食品安全基準のGAP認証、取得農家が急増(10/17)

ヨマ銀、マイクロファイナンスへの融資拡大(10/17)

国内航空各社、運賃の値上げは当面実施せず(10/17)

政府・国軍・武装勢力が和平特別会合を実施(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン