外国人雇用規制をさらに強化 Sパスの最低給与額引き上げへ

シンガポール政府は外国人雇用の規制をさらに強化する。2019年1月にSパス(中技能向けの熟練労働者を対象とした就労許可)の取得に必要な最低給与額を、現在の月額2,200Sドル(約17万7,630円)から2,300Sドルに変更。20年1月にはさらに2,400Sドルまで引き上げる。リム・スイ…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールでは、ここ…(05/21)

科学技術庁から新会社が誕生 シリコンフォトニクスを商用化(05/21)

卸売り販売額、1~3月期は7%上昇(05/21)

リー首相、マハティール新首相と会談(05/21)

シンガポールに局長派遣、日本政府(05/21)

シンガポール航空、通期利益7年ぶり高水準(05/21)

SIA、シルクエアー統合で客室設備刷新(05/21)

電動スケーターのシェア始動、乗り捨て可能(05/21)

MRT南北線、6月週末に5駅で短縮営業(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン