• 印刷する

中堅企業の女性経営幹部比率、2位を維持

英系国際会計事務所のグラントソントンが5日に発表した、中堅企業における経営幹部の女性比率に関する調査で、インドネシアの企業は女性が占める割合が43%だった。調査対象の35カ国・地域の順位は前年と同様上位2番目だったが、比率は46%から縮小した。

日本の女性比率は5%で、2004年の調査開始以来、14年連続の最下位だった。

グラントソントンは17年11~12月、従業員数100~750人の中堅企業の幹部2,580人を対象に調査を実施。インドネシアの比率は、前年は東南アジア諸国連合(ASEAN)でトップだったものの、今年はフィリピンが首位に躍進した。全体ではタイが前年の8位から3位に上昇し、ASEAN3カ国がトップ3を占めた。ASEAN平均は3ポイント上昇の39%だった。

経営幹部に「女性がいない」と回答した比率は、インドネシアが15%で、前年から半減した。中国の12%に続いて、7番目の低さだった。ASEAN平均は16%、35カ国平均は25%。日本は69%で、経営幹部に女性がいないと回答した比率が最も高かった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:18日に待望のジャカル…(08/20)

教育と人材育成への優先配分 予算案、歳出入とも過去最大に(08/20)

EUとのFTA交渉、豪の自動車税廃止検討(08/20)

三菱自、MPV「エクスパンダー」を発売(08/20)

ロンボク島でM6.3、1人軽傷 津波なし(08/20)

首都MRT、車両第2弾が到着(08/20)

ダイハツ小売り販売、1~7月は8%増(08/20)

車両ローンの頭金ゼロに、近くOJK令で(08/20)

【予定】20日 対中制裁第3弾でUSTR公聴会ほか(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン