中国化学大手、西パプアの工場に25億ドル

中国の化学大手、上海華誼は、インドネシアの西パプア州でメタノール工場の建設を計画している。投資総額は25億米ドル(約2,600億円)。3日付ビスニス・インドネシアが伝えた。 産業省化学・繊維・雑工業(IKTA)局のシギット局長によると、西パプア州トゥルク・ビントゥニの…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 化学・石化建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:動画の人気が根強いイン…(05/22)

日系3社などと近く契約 パティンバン港、7月着工(05/22)

オンライン許認可制度、運用はさらに延期(05/22)

金利引き上げで優遇策必要、商工会議所(05/22)

ディーゼル燃料補助金に外貨準備の使用検討(05/22)

レバラン控え、レンタカー事業が好調(05/22)

グラブ、安全管理システムを改善(05/22)

国営航空整備子会社、1~3月は増収減益(05/22)

ハラル専用のコンテナと倉庫、協会が提供へ(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン