中国化学大手、西パプアの工場に25億ドル

中国の化学大手、上海華誼は、インドネシアの西パプア州でメタノール工場の建設を計画している。投資総額は25億米ドル(約2,600億円)。3日付ビスニス・インドネシアが伝えた。 産業省化学・繊維・雑工業(IKTA)局のシギット局長によると、西パプア州トゥルク・ビントゥニの…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 化学建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:他のイスラム教の国と比…(10/24)

【この人に聞く】自動車ラッピングの先駆け 米テックラップ初の国内販売店(10/24)

CLPとタイワ精機が新型精米機を共同開発(10/24)

大阪ガスが現法設立、10年で100億円目標(10/24)

ユーロカーズ、マツダ車輸入減で国内生産へ(10/24)

エアアジア、バリ直行便も来年1月で運休(10/24)

運輸相、航空運賃の下限価格を近く引き上げ(10/24)

メトロパシ、インドネ高速道に22.5億円投資(10/24)

バンテン州の複線化、11月に運行開始(10/24)

首都圏交通、将来はバスに代えてトラム運行(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン