SBI、仮想通貨技術の庫幣科技に出資

金融サービスを手掛けるSBIホールディングスは2日、台湾で仮想通貨の「コールドウォレット」事業を展開する庫幣科技(クールビットエックス)へ出資したと発表した。出資比率は40%となる。クールビットエックスの技術を取り込むことで、仮想通貨の情報セキュリティーの強化を目指す。

投資額は非公開となっているが、3日付工商時報によると、証券筋は「米ドル換算で8桁になる」との見方を示した。

クールビットエックスは2014年設立のブロックチェーン技術のスタートアップで、仮想通貨を保管・管理するための「コールドウォレット」の開発と販売を手掛ける。コールドウォレットはインターネットと完全に切り離されたウォレットであるため、ハッキングのリスクを最小限に抑えることができるという。同社のコールドウォレット「クールウォレット」は、薄くて軽いのが特徴で、近距離無線通信「ブルートゥース」機能を通じて、スマートフォンに接続できる。既に世界で10万枚超を販売した実績がある。

仮想通貨をめぐっては、日本の仮想取引所大手、コインチェックで今年1月に不正流出が起きた問題を受け、仮想通貨の情報セキュリティー技術が改めて注目を集めている。

クールビットエックスの「クールウォレット」(SBIホールディングス提供)

クールビットエックスの「クールウォレット」(SBIホールディングス提供)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: IT・通信金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

台湾の国際競争力17位に後退 中国に抜かれる、労働市場に低評価(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

TSMC、アップルの「A12」量産開始か(05/25)

LEDの晶元光電、3事業部を年内に分社化(05/25)

サムスンが3ナノ半導体量産、21年を目標(05/25)

聯発科技、AI技術搭載チップ「P22」発表(05/25)

参拝にもスマート化の波、各社が新製品投入(05/25)

台湾企業の投資、加工貿易から内需型に変化(05/25)

致新、アリババのスマートスピーカー向け受注(05/25)

南亜トップ、今年のDRAM市場見通しは良好(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン