• 印刷する

ネイバー、自社AIで音声通話サービスへ

韓国情報技術(IT)大手のネイバーが自社の人工知能(AI)技術「クローバ」に音声通話機能を追加する計画だ。AIスピーカーをはじめとする機器に搭載すれば、それぞれの機器で音声通話が可能になる。

クローバに音声通話機能を持たせるため、ネイバーは23日の株主総会で定款の事業目的に、KTなど大手キャリアに回線を借りて通信サービスを提供する事業を追加すると発表した。

まずはAIスピーカーに個別の電話番号を割り振り、一般の電話のように音声通話をしたり音声でメッセージを送ったりできるようにする。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 電機IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

経営破綻の韓進現法、地裁が更生開始命令(16:10)

テイクオフ:韓国で一般的に使われる…(01/16)

サムスンがインド再攻略へ スマホ新製品投入、小米に対抗(01/16)

財閥トップ、文大統領と意見交換(01/16)

昨年12月の輸入物価指数、3.2%上昇(01/16)

生産可能人口の割合、08年以降最低に(01/16)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(350)(01/16)

現代・起亜自、最低賃金が労働問題に浮上(01/16)

公取委がトヨタに課徴金、広告で法違反か(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン