• 印刷する

ネイバー、自社AIで音声通話サービスへ

韓国情報技術(IT)大手のネイバーが自社の人工知能(AI)技術「クローバ」に音声通話機能を追加する計画だ。AIスピーカーをはじめとする機器に搭載すれば、それぞれの機器で音声通話が可能になる。

クローバに音声通話機能を持たせるため、ネイバーは23日の株主総会で定款の事業目的に、KTなど大手キャリアに回線を借りて通信サービスを提供する事業を追加すると発表した。

まずはAIスピーカーに個別の電話番号を割り振り、一般の電話のように音声通話をしたり音声でメッセージを送ったりできるようにする。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 電機IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

主要30グループ、上期投資額が24%増(17:33)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(17:33)

サッカー分析業者に6億円出資、SBVK(17:33)

テイクオフ:夏休みを利用して江原道…(08/16)

韓中の雑貨店が店舗網拡大 ムムソの偽装表示、政府が調査へ(08/16)

中韓の産業競合度高まる お得意様からライバルへ(08/16)

南北首脳会談、9月平壌にて開催で合意(08/16)

韓国の車部品オリエント、売上倍増の見込み(08/16)

7月の輸入物価指数、12.2%上昇(08/16)

AIなど戦略分野に5年で10兆W投資=政府(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン