ビエンチャン県の開発停滞、緊縮財政で

ラオスのビエンチャン県ビエンカム郡で都市開発が停滞している。2017年5月に公布された政令で公共オフィスの建設が20年まで原則禁止されたことや、緊縮財政政策に伴うインフラ予算不足が背景にある。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が2日伝えた。 ビエンカムの公共オフィスや…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

JICA、付加価値税セミナー開催(01/17)

財政改善・成長加速へ、優先策を採択(01/17)

ICTで世界50位内に上昇を=情報通信相(01/17)

政府管理事業を規定、投資手続きなど迅速に(01/16)

Bグリム、ラオスの水力発電所に追加投資(01/16)

19年税収目標、3%増の26兆キープに(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン