• 印刷する

企業銀行、邦銀2行と計400億円の融資契約

韓国のIBK企業銀行は、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行と総額4,000億ウォン(約392億円)規模の融資枠を設ける契約を結んだ。外貨不足の時に、相互に円とウォンで融資し合う。企業銀にとっては、米国の追加利上げと挑発行為を繰り返す北朝鮮リスクなど、有事の際の流動性危機に備える狙いがある。

融資枠は「コミットメントライン」と呼ばれる契約で、企業銀行は両行とそれぞれ2,000億ウォンの範囲内で融資の実行を約束した。1年満期で、延長は可能。

企業銀行関係者は毎日経済新聞の取材に対し、「有事の際に円という安全資産を確保できる環境を整えた。中小企業の輸出支援の支えになるだろう」とコメントしている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融政治

その他記事

すべての文頭を開く

電子決済Toss、米VCから90億円調達(16:11)

ルノー小型EV、来年にも釜山工場で生産(17:48)

サムスンバイオが上場維持、株売買再開(16:11)

セルトリオン、販売子会社に粉飾決算疑惑(16:24)

韓国IBK銀が支店開設、資金需要に対応(19:46)

テイクオフ:閑静な住宅地のソウル清…(12/11)

電子機器大手が生産移管の動き 台湾・中国企業、米中貿易戦争で(12/11)

19年度予算47兆円、過去最大 就職支援で雇用拡大へ(12/11)

半導体大手2社、設備投資で速度調整か(12/11)

サムスンのサイネージ、世界シェア首位見込(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン