建設資材が値上がり、需給バランス崩れ

2017年末から建設資材の値上がりがホーチミン市で続いている。供給不足が主な理由とみられる。2月28日付ダウトゥ電子版が報じた。 同市では現在、建設用の砂が1立方メートル当たり45万ドン(19.8米ドル、約2,130円)~60万ドンの水準で、17年初めに比べると3~4倍にも値上がり…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: その他製造建設・不動産天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

ビンズオン省のFDIが好調 外資誘致の恩恵、省の対応が好評(12/19)

日産、タンチョンとの合弁を来年9月に解消(12/19)

バンコク航空、来年1月にカムラン線就航(12/19)

ダナン、30年までに運輸インフラに14兆ドン(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

韓越企業が提携、南部に複合ビル建設で(12/19)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(347)(12/19)

アスコット、ビンズオンにサービスアパート(12/19)

三栄建築設計、不動産ネットランドと提携(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン