建設資材が値上がり、需給バランス崩れ

2017年末から建設資材の値上がりがホーチミン市で続いている。供給不足が主な理由とみられる。2月28日付ダウトゥ電子版が報じた。 同市では現在、建設用の砂が1立方メートル当たり45万ドン(19.8米ドル、約2,130円)~60万ドンの水準で、17年初めに比べると3~4倍にも値上がり…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: その他製造建設・不動産天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(22:36)

河村電器、ドンナイ省に現法設立(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

日本品質保証機構、日本電計と越で合弁(09/21)

ボッシュ、「4.0」人材の養成施設を開所(09/21)

韓国の中小製造業、生産拠点は中国より越(09/21)

アサヒ衛陶の越販社、不動産各社と大口契約(09/21)

ダイズオン社、セメント工場建設計画に賛否(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

国内2大空港の滑走路、老朽化で修繕必要(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン