ネイバー創業者が株式売却、3%台に低下

韓国情報技術(IT)大手のネイバー創業者の李海珍(イ・へジン)氏は2月26日に、今月末までに登記上の役員を退任すると発表したのに続き、同月28日には、同社の保有株式の割合を4.31%から3.74%に引き下げた。韓国メディアによると、財界は、李氏が経営状況の監視対象になる「…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ドルイドキング事件――…(05/21)

LGグループが4代世襲へ 会長の長男、安定した経営環境を(05/21)

LGグループ具本茂会長、73歳で死去(05/21)

韓国企業、北部に物流センター開設(05/21)

SKの期待高まる、東芝メモリ売却決定(05/21)

サムスン、AI活用し家庭用IoTサービス(05/21)

自動運転用センサーに意欲、現代モービス(05/21)

CJ大韓、iHerbアジア物流拠点を誘致(05/21)

物流ジェマデプト、1Qは20%の減収(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン