建設安全委員会、事故多発の要因に言及

インドネシア公共事業・国民住宅省が建設現場の安全性を改善するために設置した建設安全委員会(KKK)は、インフラ建設現場で事故が多発している要因には、ゼネコンとサブコン(下請け業者)の関係が希薄なことや、管理体制が不十分なこと、長時間労働による作業員の集中力低下…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

国営石油、新たに海上プラットフォーム開発(18:25)

AP2、4空港の投資誘致で政府機関と覚書(17:55)

ジャカルタ市、エコ買い物袋普及に予算計上(14:23)

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

テイクオフ:公共交通機関が整備され…(09/20)

【この人に聞く】成長と安定から中進国入りへ JICA、援助戦略をさらに発展(09/20)

8月の新車販売は5%増、ガイキンド統計(09/20)

8月の完成車輸出台数は54%増の2.4万台(09/20)

ルミネ、12月に1号店をジャカルタに開業(09/20)

【予定】20日 東京ゲームショウ2018ほか(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン