建設安全委員会、事故多発の要因に言及

インドネシア公共事業・国民住宅省が建設現場の安全性を改善するために設置した建設安全委員会(KKK)は、インフラ建設現場で事故が多発している要因には、ゼネコンとサブコン(下請け業者)の関係が希薄なことや、管理体制が不十分なこと、長時間労働による作業員の集中力低下…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「腹をしまえ、腹を」と…(05/21)

観光客減で12億米ドル損失も 政府と業界、テロの影響に懸念(05/21)

19年の目標成長率は5.4~5.8%、財務相(05/21)

1~4月の税収、14%増の383.3兆ルピア(05/21)

川崎重工、ジャカルタ新事務所を開所(05/21)

日産現法、高級車インフィニティの販売停止(05/21)

首都政府、デルタ株売却で1兆ルピア調達も(05/21)

1~4月の鉄鋼輸入急増、米輸入制限影響か(05/21)

製薬カルベ、ミャンマーに子会社を設立(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン