建設安全委員会、事故多発の要因に言及

インドネシア公共事業・国民住宅省が建設現場の安全性を改善するために設置した建設安全委員会(KKK)は、インフラ建設現場で事故が多発している要因には、ゼネコンとサブコン(下請け業者)の関係が希薄なことや、管理体制が不十分なこと、長時間労働による作業員の集中力低下…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

プラデルタ、アリババなどに事業用地販売か(12/14)

タイルの生産増加へ、セーフガードが追い風(12/14)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

年末年始のトラック通行規制、大臣令を公布(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

亜鉛メッキ鋼板の年産能力、来年40万トンへ(12/14)

LPG製造スルヤ、アンモニア生産を倍増へ(12/14)

電通イージス、初の女性CEOが就任(12/14)

ゴーゴープリント、インドネシア企業買収(12/14)

BPバタムの運営権限、バタム市に委譲(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン