• 印刷する

パティンバン港の運営入札、5~6月に実施

インドネシアのブディ運輸相は、西ジャワ州スバン県に円借款で建設されるパティンバン港の運営事業者を選定する入札が5~6月に実施できそうだと述べた。港の整備を行う建設会社を決める入札は3月に終了し、4月には工事を開始したい考えだ。1日付インベストール・デイリーが伝えた。

ブディ運輸相によると、運営会社の出資比率は、インドネシア企業が51%以上、日本企業が49%以下にする。「インドネシアの出資比率が日本よりも大きくなる」と述べた。インドネシア側の株主は、国営企業と民間企業の双方とする考えだが、両者の出資比率についてはまだ決定していないと説明した。

パティンバン港の運営事業には、国営港湾運営プラブハン・インドネシア(ペリンド)2や、民間のインフラ会社アストラテル・ヌンサンタラのほか、日本企業も関心を示しているとされる。

運輸省海運局のアグス局長によると、ペリンド2だけでなく、ペリンド1、3、4の3社もパティンバン港運営事業に関心を持っている。アグス局長は「参画を募るインドネシアの民間企業は、(外資との合弁会社ではなく)100%地場資本の企業を選ぶべきだ」との見解だ。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

BRI、QRコード決済サービスを開始(21:10)

ジャワ島外の工業団地、今年は8カ所が稼働(22:30)

年末年始の航空運賃、カルテルの疑いで調査(21:12)

テイクオフ:出社しようとすると家主…(01/22)

【この人に聞く】一種一品の小口発注に対応 精密板金の梅田、下期は工場拡張(01/22)

エクスパンダー、今年は11.5万台の生産目標(01/22)

ダイハツ小売り台数、18年は8.1%増(01/22)

国営鉄道車両製造、バングラに15両を出荷(01/22)

ジャワ横断道路が開通、一部で混雑地点残る(01/22)

国家戦略事業の31案件、10月までの完工を急ぐ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン