• 印刷する

豪大学生の就職先、人気1位はグーグル

オーストラリアの大学を卒業する予定の学生1万6,000人を対象に行ったアンケート調査で、就職先として最も人気があるのは米IT大手のグーグルだった。2位は米同業のアップル、3位は大手会計事務所のデロイトという結果だった。オーストラリアンが伝えた。

オーストラリアの機関では、科学産業研究機構(CSIRO)が最高の4位、民間企業ではカンタス航空が11位だった。また、就職を考えるオーストラリアの学生の間では、会計事務所の人気の高さがうかがえる。世界4大会計事務所ではデロイトのほか、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)(5位)、KPMG(7位)、アーンスト・アンド・ヤング(EY)(8位)とそろって上位10社にランクインした。

グラッドオーストラリアが行った調査では、業界ごとに人気の高い企業の社名も公表されている。たとえば、銀行・金融サービスではコモンウェルス銀行、建設・不動産サービスではレンドリース、IT・通信ではグーグル、エネルギーではBHPビリトン、輸送・物流ではカンタス航空などのアピール度が高い。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

豪は海外の医薬品に依存、輸入9割=報告書(17:15)

今度は給与過払い、豪企業の7割で(17:15)

資源テラコムと検査企、石炭品質を偽装か(17:15)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

テイクオフ:オーストラリアの産業界…(02/25)

日本渡航を「高度の警戒」に 豪、新型肺炎増加で引上げ(02/25)

〔政治スポットライト〕豪与党の支持率上昇、労働党との差縮小(02/25)

豪ベビー用品企、加ブラックベリーと商標争い(02/25)

安売りハリススカーフ、企業や実業家が興味(02/25)

アジア太平洋のM&A、新型肺炎で活性化へ(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン