• 印刷する

豪大学生の就職先、人気1位はグーグル

オーストラリアの大学を卒業する予定の学生1万6,000人を対象に行ったアンケート調査で、就職先として最も人気があるのは米IT大手のグーグルだった。2位は米同業のアップル、3位は大手会計事務所のデロイトという結果だった。オーストラリアンが伝えた。

オーストラリアの機関では、科学産業研究機構(CSIRO)が最高の4位、民間企業ではカンタス航空が11位だった。また、就職を考えるオーストラリアの学生の間では、会計事務所の人気の高さがうかがえる。世界4大会計事務所ではデロイトのほか、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)(5位)、KPMG(7位)、アーンスト・アンド・ヤング(EY)(8位)とそろって上位10社にランクインした。

グラッドオーストラリアが行った調査では、業界ごとに人気の高い企業の社名も公表されている。たとえば、銀行・金融サービスではコモンウェルス銀行、建設・不動産サービスではレンドリース、IT・通信ではグーグル、エネルギーではBHPビリトン、輸送・物流ではカンタス航空などのアピール度が高い。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝、全国紙を広げている…(10/18)

豪州、TPP11を批准 参加4カ国目、発効に向け前進(10/18)

インドネシアとのFTA、破棄せず=労働党(10/18)

シドニー住宅空室率2.8%、過去13年間最高に(10/18)

貸し渋りで豪集合住宅建設に打撃=フィッチ(10/18)

〔政治スポットライト〕与党、白人至上主義動議に賛成票で弁明(10/18)

一般炭価格、エネ含量との関連なしに急上昇(10/18)

リオの3Q鉄鉱石出荷5%減、死亡事故響く(10/18)

WA州野党、鉄鉱石企業への増税案を再検討(10/18)

SA州政府、前政権設置の発電機を民営化(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン