• 印刷する

上海駐在員の平均年収、20万ドルで世界4位

国際金融大手の英HSBCグループが行った調査で、上海市で働く外国人駐在員の平均年収は20万2,200米ドル(約2,170万円)に達し、調査対象となった都市の中ではムンバイ(インド)、サンフランシスコ(米国)、チューリヒ(スイス)に次ぐ世界4位だったことが分かった。2月28日付新聞晨報が伝えた。

シンガポール、東京といった他のアジアの主要都市より高く、また調査対象都市の平均額である約10万米ドルの2倍を上回った。

職業別の割合をみると、上海駐在員の回答者のうち、教育業の従事者が18%と最も多く、金融業が15%でこれに次いだ。製造業は12%だった。

生活に関する質問では、回答者の6割が中国語を話せるか、学習中と答えた。アジアの調査対象都市の中では、この比率が最も高い都市の一つだったという。


関連国・地域: 中国-上海欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ラオスと中国、労働分野の安全改善で協力(10/23)

テイクオフ:中国の代表的な庶民の味…(10/23)

オッポ、高価格帯新スマホを日本で発売(10/23)

クルーズ船旅客1400万人へ 2035年目標、政府が発展計画(10/23)

香港人の平均資産は24.5万米$、世界14位(10/23)

9月のエネルギー生産、台風で原油が減少(10/23)

本土を目指す起業家、青年聯会が支援(10/23)

民営企業、揺るぎなく支持=習総書記(10/23)

中国系ジェメナ、シドニーで大規模水素発電(10/23)

中国企業のパネル人材獲得先、台湾から韓国に(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン