• 印刷する

上海駐在員の平均年収、20万ドルで世界4位

国際金融大手の英HSBCグループが行った調査で、上海市で働く外国人駐在員の平均年収は20万2,200米ドル(約2,170万円)に達し、調査対象となった都市の中ではムンバイ(インド)、サンフランシスコ(米国)、チューリヒ(スイス)に次ぐ世界4位だったことが分かった。2月28日付新聞晨報が伝えた。

シンガポール、東京といった他のアジアの主要都市より高く、また調査対象都市の平均額である約10万米ドルの2倍を上回った。

職業別の割合をみると、上海駐在員の回答者のうち、教育業の従事者が18%と最も多く、金融業が15%でこれに次いだ。製造業は12%だった。

生活に関する質問では、回答者の6割が中国語を話せるか、学習中と答えた。アジアの調査対象都市の中では、この比率が最も高い都市の一つだったという。


関連国・地域: 中国-上海欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

過剰生産能力の削減、鉄鋼は目標8割到達(08/17)

イケアがEC全国展開、年内に149都市へ(08/17)

アパレル晶苑国際、5年内に生産能力2倍に(08/17)

【EV需要創出】EVタクシー100台を初導入 中国BYD製、9月から営業開始(08/17)

「貯蓄始めた」は半分足らず 若い世代、低い老後への意識(08/17)

中タイ高速鉄道、年内に工事入札へ(08/17)

〔寄り道〕「インドと中国の2大国に挟まれ…(08/17)

米中が貿易協議を再開、今月下旬に次官級(08/17)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(08/17)

韓正副首相、大湾区を「国際イノベ拠点」に(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン