• 印刷する

テイクオフ:「ポイントカードはお持…

「ポイントカードはお持ちですか?」一時帰国した際に店のレジで聞かれる言葉を、ジャカルタでも最近よく耳にする。入会金・会費ともに無料という衣料品店から、1回の買い物額がいくら以上なら入会資格を得られる店まで条件はさまざま。

「このドラッグストアには、日用品の特価目当てによく行くから、入会金を払っても後のポイント還元を考えれば元が取れるかな」「あの百貨店ではたまたま高額な買い物をしたから入会資格を得たけれど、次に来ることはまずないか」「なに、入会すれば買い物券がつく? それなら入っておこうか」。どの店もそんなふうに思わせるような、あの手この手を使って顧客を囲い込む。

スマホを使った電子マネー決済が急速に増え、財布に現金がなくても買い物ができる時代。気がつけばメンバーズカードだけが、やけに財布を陣取っている。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都にごみリサイクル施設 大崎町、州政府と協力し事業化へ(09/21)

来年6月までコメ輸入停止を、食糧調達公社(09/21)

ハラル製品の生産体制強化、工程表策定で(09/21)

公共交通の運賃統合、ジャカルタ政府が検討(09/21)

首都空港鉄道、利用者数が伸び悩み(09/21)

AP2、4空港の投資誘致で政府機関と覚書(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

バイオ燃料B20の使用義務化、供給面に課題(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

証取所が上場規定変更へ、手続き緩和など(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン