• 印刷する

〔政治スポットライト〕与党、市民権申請者への調査権限強化へ

オーストラリア連邦議会の与党保守連合(自由党・国民党)が、市民権申請者に対する事前の人物調査を行う強力な権限を内務省に与えるため、関連法の改正を検討していることが分かった。具体的な法案はまだ公開されていないが、複数の情報源から得られた情報を一括し、これまでの生活態度などが、オーストラリアの価値観に沿うものか精査するという。実態はテロリストの市民権取得を排除するためのもののようだ。地元各メディアが伝えた。

内務省のペズロ秘書官は「連邦政府は、市民権申請者に対する事前調査の方法を検討している」と明らかにした。ペズロ秘書官によれば、人物調査で集められる情報は、オーストラリア入国前と滞在中、市民権申請後の3区分にわたるという。ただ、与党は関連法案を公開していない。

野党労働党は、与党の計画について「(これまでの傾向から)驚くことはないが、将来の移民や難民の受け入れを阻害する」と批判した。

オーストラリア政府は2011年以来、毎年約19万人の市民権取得者を受け入れている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪与党、農業人手不足解消の新ビザ案で二分(16:35)

エネ政策不安、AGLガス火発計画に影響か(16:35)

豪人の豪華旅行が急成長=富裕層向け旅行企(16:35)

テイクオフ:ニュージーランド(NZ…(10/15)

豪医療保険、20年来の大改革 保健相が表明、4種に分類へ(10/15)

日豪経済合同委員会、シドニーで年次会議(10/15)

豪仏交渉決裂なら、潜水艦輸出も=河野外相(10/15)

リオ、石炭とアルミ不調で利益に影響か(10/15)

豪LNG輸入計画、「ばかげている」が必要(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン