独、バガンのパゴダ修復に13万5千ユーロ

ドイツ政府は、2016年8月にミャンマーを襲った地震で損壊した中部遺跡都市バガンのパゴダ(仏塔)2棟の修復に、13万5,000ユーロ(約1,774万円)を供与した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が2月27日に伝えた。 ミャンマー宗教・文科省の考古学・国立博物館・図書館局によると…

関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 観光・娯楽社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

独BASFが国内生産を開始 建設化学品事業の拡大見込む(05/21)

中国、ミャンマーに抗議=国境付近で3人死亡(05/21)

台湾の如興、ジーンズ2工場の新設計画(05/21)

17年度の日本との貿易額、前年度比5.4%減(05/21)

シュエダゴンパゴダの16年度収入、約72億円(05/21)

マンダレー市開発委、アート市場区画を計画(05/21)

ボルボ、ヤンゴンの新車登録制度遅延で影響(05/21)

IFC、小口金融KEBハナへの融資拡大へ(05/21)

ミャンマー、自然災害へのもろさで世界42位(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン