独、バガンのパゴダ修復に13万5千ユーロ

ドイツ政府は、2016年8月にミャンマーを襲った地震で損壊した中部遺跡都市バガンのパゴダ(仏塔)2棟の修復に、13万5,000ユーロ(約1,774万円)を供与した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が2月27日に伝えた。 ミャンマー宗教・文科省の考古学・国立博物館・図書館局によると…

関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 観光・娯楽社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

ロヒンギャ帰還には時間、国連機関(11:38)

11月補選、13議席に69人の立候補を受付(11:38)

ヤンゴン市街地、建物の耐震調査を推進(07/20)

ミャンマー英雄を追悼、アウン・サン将軍の命日(07/20)

エアバガンとエーペックス航空が免許取消(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

不動産需要が増加、教育部門の外資開放で(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

私立学校の新キャンパス、投資委が認可(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン