政府、公営銀に不良債権の詐欺調査を指示

インド政府は27日、公営銀行に対して、5億ルピー(約8億2,000万円)以上の不良債権を対象に、詐欺などの疑いがないか調査するよう指示した。国営2位のパンジャブ・ナショナル・バンク(PNB)の従業員が詐欺に関与していた事件を受けた措置。 財務省金融サービス局のクマール…

関連国・地域: インド
関連業種: 金融社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スタートアップ大国とし…(10/17)

バングラ新工場を年内に稼働 二輪ホンダ、インド勢を追撃(10/17)

三井金属、二輪用排ガス触媒を3割増強(10/17)

車載電池アマラ・ラジャ、第3工場を着工(10/17)

MGモーター、20年にEVを発売(10/17)

タタ、SUV「ハリアー」の予約開始(10/17)

日本でインドのTVドラマ初配信、Hulu(10/17)

大森機械が6億円で新棟、食品包装機を増産(10/17)

タタ、屋上型の太陽光発電を4年で4倍に(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン