難民申請者ら集中摘発、大半が就労目的

【共同】法務省は27日、昨年11月6日~12月1日に東京と名古屋の入国管理局が、不法残留や資格外活動などの入管難民法違反容疑でベトナム人やタイ人など計341人を摘発したと発表した。うち94人は難民認定申請者だったが、摘発後、80人が今年1月末までに申請や不認定への異議申し立…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

五つ星宿泊料、5年ぶり上昇 来訪者増で平均108ドルに(08/20)

HCM市で腕時計「オリエント」の専門店(08/20)

都市鉄道5案件、事業費が114兆ドン増大(08/20)

ベトナム航空、独ルフトハンザ系と保守契約(08/20)

ベトナム航空、1~6月は87%増益(08/20)

バンブー航空、19年は3機の操業を予定(08/20)

HCM市の高級不動産、域内ではお買い得感(08/20)

【予定】20日 対中制裁第3弾でUSTR公聴会ほか(08/20)

ダナンのスマート都市調査、韓国企業が受注(08/20)

【人事】ノダ社長に野田励氏ほか(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン