難民申請者ら集中摘発、大半が就労目的

【共同】法務省は27日、昨年11月6日~12月1日に東京と名古屋の入国管理局が、不法残留や資格外活動などの入管難民法違反容疑でベトナム人やタイ人など計341人を摘発したと発表した。うち94人は難民認定申請者だったが、摘発後、80人が今年1月末までに申請や不認定への異議申し立…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

PPP案件の投資で新政令 課題の政府保証、改革は見送り(05/24)

大型バイク市場に発展余地、ホンダに期待(05/24)

ベンツ、新型SUV「GLC200」発売(05/24)

3空港の拡張・建設、総額116兆ドン必要(05/24)

ゴジェック、ベトナム進出を計画(05/24)

一時輸入品の保管、新政令で60日以内に(05/24)

外国人の住宅購入、1~4月で2千件(05/24)

ビングループ、18年は5割増益を計画(05/24)

韓国カムシス、越法人を第2の本社へ育成(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン