【インドを解く】足取り重い公営企業の民営化

第463回 インドは独立当時、農業が中心で、政府は工業振興・育成、経済発展の先兵役として国営、州営企業を設立した。戦略的重要部門が必要とする機器の製造、供給、雇用の創出の面もあった。その後、経済が発展し、民間企業も成長した一方で、国営・州営企業の非効率に伴う多くの…

関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

鴻池運輸、鉄道輸送を強化 日系企業の需要取り込み狙う(05/25)

国鉄と公営4社、鉄道網増強などで覚書(05/25)

パソナ現法、中東・アフリカ向け人材を紹介(05/25)

タタ自、昨年度純益は21%増の899億ルピー(05/25)

車部品マザーサン、昨年度は25%増益(05/25)

蘭アクゾノーベル、生産増強に400万ユーロ(05/25)

鉄鋼公社とミタルの製鉄所、オディシャ候補(05/25)

都市ガスのMGL、20万世帯にガス管を敷設(05/25)

アクシアタ、印関連会社の合併が近く完了へ(05/25)

中小企業の破綻処理、株主の応札可能に(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン