• 印刷する

《日系進出》日本ライフライン、海外初工場建設=ペナン

日本ライフラインは26日、マレーシア・ペナン州に同社初となる自社工場を建設すると発表した。将来的には、海外におけるマザーファクトリーに位置付ける考えだ。

同社の現地法人JLLマレーシアが同日、ペナン開発公社(PDC)と工場用地の取得に関する契約を締結した。新工場の予定地は、ペナン州半島部にあるノース・ペナン・サイエンス・パーク内で、敷地面積は1万6,211平方メートル。2019年後半の竣工と20年初めの稼働開始を計画している。稼働時の従業員数は約50人。投資額は、用地の取得費用や生産設備などを含めて約20億円になる見込みだ。

同工場では、バルーンカテーテル、EPカテーテル、アブレーションカテーテルおよびオープンステントグラフトなど循環器領域の医療機器を製造し、日本向けに輸出する。

同社はグループの中長期的な課題として、自社製品の海外販売の本格化を掲げている。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本ではバブル崩壊後か…(01/16)

ペナン州自転車シェアが快調 リンクバイク、国営石油も導入検討(01/16)

RM=26.4円、$=4.09RM(15日)(01/16)

第3国民車の試作車、3月までに公開へ(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

プロトン、海外勢と協業で4700万リンギ調達(01/16)

KTM複線化、TSRが土木工事受注(01/16)

不動産トロピカーナ、Wホテル売却を否定(01/16)

チャハマタ、リン酸添加物の合弁に追加出資(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン