• 印刷する

テイクオフ:仕事柄、職場には毎日、…

仕事柄、職場には毎日、一抱えもある束となった経済紙、雑誌が届けられる。業務の合間を縫って、これらを所定の棚に分類、整理するのは新入社員の重要な仕事である。なにせ、これを怠ると周囲がたちまち新聞の山で埋めつくされる。

春節(旧正月)連休明けに出勤すると、机の上に1週間分の新聞が積み上げられていた。早速、仕分けにかかるが、祝日の中国紙は紙面の量が異様に少ないことに気付く。合わせて4面しかない地元紙もある。こんなに薄っぺらい新聞ばかりでは、輪転機もやる気を損なうだろう。加えて、理不尽なことに1部当たりの値段は普段と同じである。

祝日も平日も大して分量が変わらず、正月ともなれば通常の数倍の厚みがある新聞が投函される日本とはずいぶん事情が違うようだ。親族が一堂に会する春節の間は、新聞なんぞ読んでいる暇はないということか。(反)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

17年GDPを下方修正、成長率6.8%に(12:48)

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

テイクオフ:日本を訪れた中国人旅行…(01/18)

資策会の華為製品禁止措置、早ければ5月から(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

中小企業の苦境続く 4Q指数、景況判断の100割込む(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

農産物の対中輸出額、18年は過去最高(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン