テイクオフ:約2週間に渡って世界の…

約2週間に渡って世界の注目を集めた平昌五輪が、25日に幕を閉じた。開幕前は「交通が不便」「宿泊施設が足りない」「チケットが売れない」などの不安要素が続出し、懸念だらけだった。ふたを開ければ集客はまずまず。スポーツイベントとしては十分に盛り上がったのではないだろうか。

韓国はスケルトンやカーリング、スノーボードで初メダルを取るなどお家芸のショートトラックだけではない姿を見せてくれた。日本もカーリングの初メダル、スケート競技のメダルラッシュで最多メダル数を塗り替えた。日韓共にスポーツで世界に引けを取らないことを証明してくれた。

今年はもう1つ、大きなスポーツイベントが控えている。6月から7月にかけて開かれるサッカーW杯ロシア大会。ここでも、日本と韓国の両国の活躍を期待せずにはいられない。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

3月末の家計負債が過去最大、8.0%増(17:32)

1Q自動車輸出台数、前年同期比8.6%減(17:59)

テイクオフ:以前は夜に散歩をしてい…(05/23)

民間シンク、経済は下降局面 政府判断と差開く、専門家懸念も(05/23)

四輪生産、1~4月44.6万台 同期の輸出台数は一転して3%増(05/23)

現代自動車グループ、再編計画を撤回(05/23)

現代自、リムジン新型モデルの内・外装公開(05/23)

韓国企業、スト起こした労働者を閉め出し(05/23)

4月の生産者物価指数、1.6%上昇(05/23)

若年層雇用関連の補正予算、国会で議決(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン