• 印刷する

17年の平均月給、9%増の660万ドン

ベトナム労働・傷病軍人・社会事業省はこのほど、全国63省市における2017年の労働状況に関するデータを発表し、労働者の平均月給が前年比9.3%増の660万ドン(290米ドル、約3万1,000円)に上昇したと明らかにした。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が24日に伝えた。

平均月給をセクター別にみると、国営企業が前年比4.5%増の790万ドンで最高。ベトナム政府が出資する株式会社が4.6%増の730万ドンで続き、外資系企業は13.5%増の670万ドンで最大の伸びを示した。民間企業は3.3%増の560万ドンだった。

17年には国内総生産(GDP)実質成長率が前年比6.81%と、政府が目標としていた6.7%を上回ったほか、消費者物価指数(CPI)の平均上昇率が前年比3.53%と、政府目標の4%内に収まり、マクロ経済の安定が月給の上昇につながったとみられている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

次代を担う「Z世代」に注目 影響力は大きく、購買決定の70%(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊、現れる(10/19)

エプソン、BtoB商品を一斉投入(10/19)

HCM市都市鉄道1号線、20年完成は困難(10/19)

韓越が覚書、港湾開発・運営など協力を強化(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

ハノイ、停滞の都市区案件4件を取り消しへ(10/19)

韓国企業、ブンタウにゴルフリゾート開発へ(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン