テイクオフ:インド文化で重要な地位…

インド文化で重要な地位を占めるボリウッド映画は、社会的な影響力が大きい。最近、ヒットした「パドマン」という作品は、女性の生理用ナプキンを安いコストで生産する革命的な方法を思いついたある起業家の人生をテーマにしている。

インド社会では、公共の場で生理用ナプキンを話題にすることをタブー視する風潮がある。映画は、こうした風潮を改めるため、女性にとって重要な問題であることを訴えている。

ヒットを受けて、地方政府も動き出した。中部マディヤプラデシュ州では、貧困層向けにナプキンを安価に提供する自動販売機の設置を決めた。第1弾として、3月8日の「世界女性の日」に、ボーパル駅に設置するという。こうした動きが他州に広まれば、これまでナプキンを使っていなかった女性の需要も伸びるだろう。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鴻池運輸、鉄道輸送を強化 日系企業の需要取り込み狙う(05/25)

国鉄と公営4社、鉄道網増強などで覚書(05/25)

パソナ現法、中東・アフリカ向け人材を紹介(05/25)

タタ自、昨年度純益は21%増の899億ルピー(05/25)

車部品マザーサン、昨年度は25%増益(05/25)

蘭アクゾノーベル、生産増強に400万ユーロ(05/25)

鉄鋼公社とミタルの製鉄所、オディシャ候補(05/25)

都市ガスのMGL、20万世帯にガス管を敷設(05/25)

アクシアタ、印関連会社の合併が近く完了へ(05/25)

中小企業の破綻処理、株主の応札可能に(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン