テイクオフ:一昨年に世界的に大流行…

一昨年に世界的に大流行となったスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」。当初はシンガポールでも、街の至る所でプレーする人を見掛けていた。ただ最近はブームも落ち着き、遊ぶ人もめっきり少なくなったという。かくいうポケモン世代の自分も、最初こそいそいそとポケモン探しに出掛けたが、もうすっかり忘れてしまっていた。

週末に南部の商業施設に行ったところ、通路上でスマホ片手に立ち止まっている人がやたらと多かった。歩きにくいなと思いながら、ふと立ち止まっている人の手元を見ると、画面にポケモンの姿が。どうやらその商業施設は、バトルをしてレアなポケモンを手に入れられる場所に指定されているらしい。

年齢、人種を問わずたくさんの人が夢中になっている姿を見て、ポケモンのパワーと魅力を改めて認識させられた。もう一度ダウンロードして遊んでみようか。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 観光・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1~3月期GDPは4.4%増 外需回復で18年成長率を上方修正(05/25)

UDトラックスが新型クオン発売、海外2カ国目(05/25)

1~3月輸出額は1%増、前期から大幅鈍化(05/25)

1~3月期、上場企業の7割強は黒字(05/25)

大塚製薬、医薬品販売の現法設立(05/25)

ドンキ2号店、中心部で6月にオープン(05/25)

ワイズテーブル、地場企業と渋谷に飲食店(05/25)

デジタルマーケティングの米社、拠点を開設(05/25)

JTB、セントーサ島に特化した新商品発売(05/25)

サークルズ、無料の通信プラン導入(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン