• 印刷する

テイクオフ:春節に一時帰国した際、…

春節に一時帰国した際、日本で言われるように中国人旅行者の「爆買い」は確かに一服感が出ているように見えた。あくまで一個人の視点だが、空港の免税店も、近所のショッピングモールも、大型連休の割には中国人旅客の姿が少ないように思えた。

一方、訪れた地方のあまり有名でもない水族館や温泉では、多くはないが中国からと思われる旅行者がおり、これが「コト消費」へのシフトかと納得した。

上海勤務になり1年以上がたつが、航空便の多さ、チケットの安さから日本との距離は想像していたより近く、頻繁に一時帰国している。当初は帰るたびに食材や日用品を買いだめしていたが、次第に買い物の頻度は減り、代わりに昔の友人に会ったり、温泉で骨を休めるなど、行動にバリエーションが出てきた。考えてみると、自身の行動パターンの変化は日本旅行が珍しくなくなった中国人旅客と同じなのかもしれない。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

12月の新築住宅価格、上昇は59都市に減少(15:54)

資策会、華為製品を内部ネットワーク接続禁止(12:56)

MICE業界が長期苦境か 展示場不足やホテル料金上昇で(01/16)

テイクオフ:広州市の旧市街に「永慶…(01/16)

香港訪問の本土団体ツアー数、18年は3%減(01/16)

鉄鋼の過剰生産解消を達成 1.5億トン削減、2年前倒しで(01/16)

工研院、華為製品を内部ネットワーク接続不可に(01/16)

本土客の香港旅行、平均消費2.1万ドル(01/16)

先端技術などに重点、今年のインフラ建設(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン