• 印刷する

テイクオフ:春節に一時帰国した際、…

春節に一時帰国した際、日本で言われるように中国人旅行者の「爆買い」は確かに一服感が出ているように見えた。あくまで一個人の視点だが、空港の免税店も、近所のショッピングモールも、大型連休の割には中国人旅客の姿が少ないように思えた。

一方、訪れた地方のあまり有名でもない水族館や温泉では、多くはないが中国からと思われる旅行者がおり、これが「コト消費」へのシフトかと納得した。

上海勤務になり1年以上がたつが、航空便の多さ、チケットの安さから日本との距離は想像していたより近く、頻繁に一時帰国している。当初は帰るたびに食材や日用品を買いだめしていたが、次第に買い物の頻度は減り、代わりに昔の友人に会ったり、温泉で骨を休めるなど、行動にバリエーションが出てきた。考えてみると、自身の行動パターンの変化は日本旅行が珍しくなくなった中国人旅客と同じなのかもしれない。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:人は、想像力が及ばない…(04/19)

都市鉄道、全国で5700キロ超 18年末、上海が785キロで最長(04/19)

自動車の購入制限を緩和か、消費拡大へ政府(04/19)

【一帯一路の現場から】唯一の完成車メーカー、力帆実業(04/19)

米中貿易5月下旬決着も、協議再開と報道(04/19)

【アジアインタビュー】 「経済の本質を“面白く”伝えたい」(04/19)

海外からの対中投資、1~3月は6.5%増(04/19)

VW、中国で28年までにEV1160万台生産(04/19)

工業用水消費2割削減へ、当局が節水計画(04/19)

中国携帯大手の参入却下へ、米通信委(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン