【探訪】緬バングラ関係(4)戦争の終結と独立国家への道程

英国による植民地支配からの解放を掲げてミャンマーとインドに侵攻した日本軍。その実態は戦争遂行のための政戦略であったが、これを迎えた両国の独立運動の指導者は、それぞれの国家構想実現への足掛かりとして利用する。その過程で、ラカイン地域は新たに出現する二つの国家の形…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

蒸留酒MDC、スコッチの瓶詰・販売開始へ(18:27)

迫害、証拠も提出を=ロヒンギャ調査で独立委(00:42)

家庭用LPG、本格普及へ 地場パラミが自社ブランド展開(12/13)

英団体が国軍関与リストを発表、日本企業も(12/13)

ロイター記者釈放求め集会、逮捕1年(12/13)

インド大統領、チャオピュー深海港で懸念か(12/13)

インド人、到着ビザでの入国可能に(12/13)

KBZ銀、電子決済サービス促進に意欲(12/13)

ザガインの4地区、契約農家事業を開始(12/13)

四川航空、西安―ヤンゴン線を就航(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン