《労使》向こう5年で自動化が進展、雇用者連盟

タイ貿易・産業雇用者連盟のタニット副会長は、向こう5年で労働集約型産業における自動化とロボット導入が進むとの見方を示した。最低賃金の上昇が続くとも指摘し、労使双方に適応を呼び掛けた。22日付バンコクポストが伝えた。 タニット氏は、最低賃金の上昇が続き、企業の自動…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクからカンボジア…(01/22)

中タイ高速鉄道、ラオス延伸へ19年入札も(01/22)

18年の輸出額は6.7%増 下期減速で目標未達、摩擦影響も(01/22)

18年の高層住宅戸数は4割増、土地局(01/22)

不動産LPN、社債発行で16物件立ち上げへ(01/22)

ドンムアン空港で今月末工事、航空便遅延も(01/22)

書店ナイイン、小包配送サービスに参入へ(01/22)

外食最大手フィールインター、タイに出店(01/22)

鉄鋼3社、プレハブ住宅の共同出資会社設立(01/22)

米国向け合板輸出急増、産地偽装の疑い(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン