• 印刷する

ティプコアスファルト、マレー生産を倍増

タイのアスファルト最大手ティプコ・アスファルトは、マレーシア工場のアスファルトの年産能力を向こう3年間で2倍の240万トンに引き上げる。投資額は1億5,000万米ドル(約161億円)。21日付ポストトゥデーが報じた。

2020年から世界で実施される船舶用燃料の硫黄分規制の影響で、世界のアスファルト生産量は減少に向かうと予測されており、生産能力の増強でシェアを拡大する考え。資金は全額を自社の運転資金で賄う。

ティプコの今年のアスファルト販売量は前年並みの190万~200万トンとなる見通し。内訳は国内50万トン、海外140万~150万トン。国内については、政府の大型道路整備計画が進めば8万~10万トン増える可能性があるという。

原料についてはベネズエラ産原油の供給が減少する見込みのため、コロンビアもしくはエクアドルからの調達量を増やす。また、東南アジア以外で他社の買収を進め、事業を拡大する方針だ。


関連国・地域: タイマレーシア
関連業種: その他製造天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年初めから連載を始め…(08/16)

【スタートアップの挑戦】車を所有から共有へ アプリで副収入、旅行者増追い風に(08/16)

BMWのPHV販売比率、上期16%に拡大(08/16)

航空庁、LCCの運賃上限を28%引き下げ(08/16)

タイ政府、ラカインのエビ養殖事業を支援(08/16)

グラブ、10月のモトGPでパイロット事業(08/16)

首都8道路、20日からタンクローリー禁止(08/16)

CP系新興不動産、トンローに超高級コンド(08/16)

工業団地アマタ、ミャンマーなどに子会社(08/16)

上期の燃料消費、3.8%増の283億リットル(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン