• 印刷する

ティプコアスファルト、マレー生産を倍増

タイのアスファルト最大手ティプコ・アスファルトは、マレーシア工場のアスファルトの年産能力を向こう3年間で2倍の240万トンに引き上げる。投資額は1億5,000万米ドル(約161億円)。21日付ポストトゥデーが報じた。

2020年から世界で実施される船舶用燃料の硫黄分規制の影響で、世界のアスファルト生産量は減少に向かうと予測されており、生産能力の増強でシェアを拡大する考え。資金は全額を自社の運転資金で賄う。

ティプコの今年のアスファルト販売量は前年並みの190万~200万トンとなる見通し。内訳は国内50万トン、海外140万~150万トン。国内については、政府の大型道路整備計画が進めば8万~10万トン増える可能性があるという。

原料についてはベネズエラ産原油の供給が減少する見込みのため、コロンビアもしくはエクアドルからの調達量を増やす。また、東南アジア以外で他社の買収を進め、事業を拡大する方針だ。


関連国・地域: タイマレーシア
関連業種: その他製造天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクでは店によって…(12/13)

中国人客の呼び戻し策を強化 ビザや税優遇、航空大手は赤字も(12/13)

エナジーアブソルート、EV生産子会社設立(12/13)

パープル線とプーケット鉄道、優先事業へ(12/13)

3空港接続高速鉄道、14日までに落札者発表(12/13)

出光興産、20年春に木質バイオ燃料を生産へ(12/13)

パデン、亜鉛事業から完全撤退へ(12/13)

消費財サハ、大塚製薬との合弁解散で清算(12/13)

カシコン銀、LINEとオンライン融資開始(12/13)

サイアム商銀、来年も最大125店閉鎖(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン