超高速通信の実現へ、機器の国産化に注力

韓国政府は、通信速度が現在より最大10倍速い10ギガビット毎秒(Gbps)の超高速インターネットの普及に向け、2022年までに関連機器の9割を国産化する計画だ。同サービスの料金を現在と同程度に抑えるには、機器の国産化が欠かせないという。利用が可能なエリアも韓国全域(85…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

OCI、太陽光発電インバーター事業に参入(15:50)

KT、「5Gバス」でキラーコンテンツ公開(17:32)

双竜自、マヒンドラ対象に有償増資を実施(17:18)

しわ取り薬のメディトックス、近く新製品(17:23)

テイクオフ:ソウル市の教育庁が、先…(01/17)

玄関錠に「顔認識」本格導入 地場FiveGT、市場を開拓(01/17)

現代自、グラブにコナEV供給(01/17)

日産に課徴金、燃費と排ガス表記で不正か(01/17)

サムスン、スマート家電強化で2桁増収目標(01/17)

現代モービス、自動運転車向けランプ開発(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン