潜在成長率が30年代に1%台に=IMF予測

国際通貨基金(IMF)が、韓国の潜在成長率が現在の約2.8%から2030年代には1%台に下落すると予測した。サービス分野での生産性低下、ゆがんだ労働市場、急速な高齢化などが成長の妨げとなっているとし、韓国政府が進める最低賃金引き上げについても警告した。19日付韓国経済新…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

北朝鮮選手が登場、卓球の韓国オープン予選(13:33)

テイクオフ:米テレビドラマ「スパイ…(07/17)

サムスン、5G設備で強気 世界シェア2割目標(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

6月の輸入物価指数、10.9%上昇(07/17)

6月輸出額0.2%減、船舶の減少など(07/17)

中国進出企業の景況感、上昇相次ぐ(07/17)

日韓のニトリルゴムにAD仮裁定、商務省(07/17)

貿易摩擦、中国成長率1P下がれば韓国0.5P(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン