• 印刷する

豪2月消費者マインド、2.3ポイント下落

ウエストパック・メルボルン研究所は14日、オーストラリアの2月の消費者マインドが前月から2.3ポイント下落の102.7ポイントになったと発表した。ウエストパック銀行のシニアエコノミスト、ビル・エバンズ氏は「米国発の世界同時株安を受け、2月は消費者心理が冷え込んだ」と分析した。

消費者マインド指数は約1,200人を対象に、個人の財政状態や景況感、出費状況などについての質問から割り出した経済指標。100ポイントを超えた場合は「楽観」が「悲観」を上回り、100ポイント未満は「悲観」が「楽観」を上回っていることを示す。調査は今月5~11日に実施した。

家計への信頼感は「昨年比の家計」が前月比4.5%減、「今後12カ月の家計見通し」が3.1%減だった。また「今後12カ月の経済見通し」は4.7%減、「今後5年間の経済見通し」は0.7%減となった。

一方、今後12カ月間の失業者数の増加見込みを示す失業予測指数は1.8%下落し、消費者が失業率改善を楽観していることが分かった。

エバンズ氏は、来月6日に発表されるオーストラリア連邦準備銀行(RBA)の金融政策について、「政策金利は3月も引き続き据え置きとなるだろう」との見通しを示した。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日常生活をほとんど英語…(08/20)

豪首相、排出削減の法律撤回 与党内の反対派に配慮(08/20)

EUとのFTA交渉、豪の自動車税廃止検討(08/20)

〔政治スポットライト〕豪外務省、ソフトパワー検討の報告書公表(08/20)

労働党の税額控除案、歳入増の予想は過剰?(08/20)

東部州のガス開発遅れ、価格高騰の引き金に(08/20)

オリジン、LNG好調で通期純利益黒字回復(08/20)

〔ポッサムのつぶやき〕市民権取得の待機者、現政権下で300%増(08/20)

分散型台帳で年金業界のコスト減=豪証取(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン