首都のショップハウス、17年は57%値上がり

カンボジアの首都プノンペンで、ショップハウス(店舗兼用住宅)の価格が高騰している。転売目的の購入が原因で、2017年の平均価格は前年比57%上昇。これに対してテラスハウス(連棟住宅)の平均価格は38%低下した。クメール・タイムズ(電子版)が14日に伝えた。 不動産などの…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

対タイ貿易150億ドルへ、作業部会設置で合意(02/23)

上場5社決算、特区社は増益 17年12月期、人件費増に各社苦慮(02/23)

〔寄り道〕「新年快楽」「恭喜発財」――(02/23)

絆フェスが開幕、来場者2.3万人見込む(02/23)

日本弁理士会、手工芸省などと交流会(02/23)

トラックの全長規定、首相が見直しの意向(02/23)

タイ企業が事業拡大に関心、商談会開催(02/23)

予算編成の過程、透明性高まる(02/23)

16~18年の国連開発援助、2.8億ドル(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン