首都のショップハウス、17年は57%値上がり

カンボジアの首都プノンペンで、ショップハウス(店舗兼用住宅)の価格が高騰している。転売目的の購入が原因で、2017年の平均価格は前年比57%上昇。これに対してテラスハウス(連棟住宅)の平均価格は38%低下した。クメール・タイムズ(電子版)が14日に伝えた。 不動産などの…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

1~9月の国境輸出0.8%減 ゴム下落、通年でも低調の見通し(11/16)

首都空港、滑走路の改修完了 乗り入れ増加や大型機発着に備え(11/16)

中国電子部品、シアヌークビルに工場新設(11/16)

地方空港建設、3州が有望=空港運営会社(11/16)

水資源省とア開発銀、5州でかんがい改善(11/16)

総保険料収入、1~9月は28%増=財務省(11/16)

1~10月のコメ輸出13%減、米ドル高が影響(11/16)

飲食店2千軒超、衛生指導に不参加=保健省(11/16)

【カンボジア経済通信】国際機関が「好調」予測 第339回(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン