科大訊飛、河北の雄安新区で生体認証展開へ

人工知能(AI)の研究を行う科大訊飛(安徽省合肥市)は、河北省保定市の新興開発地域、雄安新区で生体認証事業を展開するもようだ。証券時報網などが13日伝えた。 劉慶峰董事長が、12日に開いた同社年次総会の場で明らかにした。事業について劉董事長は、顔認証と声紋認証を用…

関連国・地域: 中国-安徽
関連業種: IT・通信サービス社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

高温と多い降水が特徴、18年気候公報(12:27)

現代自がベトナム販売網拡充、地場と新法人(17:02)

ぜいたく品購入意欲衰えず 景気悪化も、香港・本土とも旺盛(01/24)

テイクオフ:中国では一般的に日本の…(01/24)

スマホ輸出が16年ぶり最低 販売不振響く、中国製に苦戦必至(01/24)

中国と覚書8件、インフラ支援多く(01/24)

周大福の19年3月期、既存店売上高は伸び予測(01/24)

昨年の見本市・展示会3800回 3.5%増、施設乱立など問題も(01/24)

鴻海、1Qの中国人材需要は5万人(01/24)

マカオの18年旅行者、過去最高の3580万人(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン