科大訊飛、河北の雄安新区で生体認証展開へ

人工知能(AI)の研究を行う科大訊飛(安徽省合肥市)は、河北省保定市の新興開発地域、雄安新区で生体認証事業を展開するもようだ。証券時報網などが13日伝えた。 劉慶峰董事長が、12日に開いた同社年次総会の場で明らかにした。事業について劉董事長は、顔認証と声紋認証を用…

関連国・地域: 中国-安徽
関連業種: IT・通信商業・サービス社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

春節の小売売上高15兆円、前年比10%増(12:49)

テイクオフ:北京では今年の春節(旧…(02/22)

ヤンゴン環状線、改修工事が本格着工(02/22)

香港ディズニー3年連続赤字 償却かさむ、来園者は伸び(02/22)

地場の新車販売目標出そろう 自主ブランド8社、3割増へ(02/22)

エコカー補助金を改定、技術要求を引き上げ(02/22)

華為が海思チップ採用拡大、TSMCなど恩恵か(02/22)

日産が中国で新工場、主力市場で生産拡大(02/22)

ウィーチャットペイ、3月に加盟5千店突破(02/22)

金の取引回廊で協議、シンガポールなどと(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン