青年層の月収中央値、全体の7割に

香港政府統計処が12日発表した2016年度の人口調査によると、15~24歳の青年層の月収中央値は1万750HKドル(約15万円)だった。香港の全労働力人口の中央値である1万5,500HKドルの約7割にとどまった。

青年層は合わせて77万6,709人で、香港の全人口の11.1%を占めた。このうち労働力人口は28万9,787人で、10年前の06年から7万136人(19.5%)減少した。

過去10年間に専上教育(大専、高等専門学校に相当する以上の学歴)を受けたことのある青年層は、06年比43.6%増の39万5,000人。青年層全体に占める比率は06年の31.3%から50.9%に拡大した。

それに伴い、高い知識を要する職種やポジションに就く青年層が増加。マネジャーや役員クラス、専門スタッフ、専門スタッフのアシスタントなどに従事する割合は28.4%となり、比率は06年から5.4ポイント拡大した。ただサービスや販売に携わる青年層の割合は35.6%と依然最多だった。

中国語と英語の読み書きができ、広東語、北京語、英語を話すことができる青年層は全体の62.2%だった。

親と同居する青年層は全体の94%に達した。住宅価格の高騰が背景にある。1人暮らしの青年層はわずか1.2%にとどまった。


関連国・地域: 香港
関連業種: 経済一般・統計社会・事件雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

新浪、香港でセカンダリー上場を検討か(17:51)

日系集まる複合ビル正式開業 香港ランド、中間層の消費つかむ(05/25)

ユニー、香港事業から撤退 3億ドルで全株売却、営業は継続(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

宝飾の英皇、既存店売上高は2桁の伸び(05/25)

マカオの小売売上高、1Qは25.7%増(05/25)

あしたのチーム、香港現法設立(05/25)

香港の合弁法律事務所、本土で設立規制緩和(05/25)

契約労働時間の導入保留、ガイドライン作成(05/25)

小反発、資源銘柄に買い戻し=香港株式(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン