• 印刷する

〔政治スポットライト〕NZイングリッシュ前首相、政界引退へ

ニュージーランド(NZ)の前首相で野党国民党のイングリッシュ党首は13日、2月27日付で党首を退任し、政界を引退すると発表した。退任理由は明らかにせず、「引退後は公私ともに新たな道を模索していく」と述べるにとどまった。退任演説は3月1日に行う見通し。Scoop.co.nzが伝えた。

イングリッシュ党首は「1990年に政界入りして以来、国民のために働くことができて光栄だった」と強調。また、「今の国民党には、次期総選挙で政権奪回が狙えるほどの実力とエネルギーがある」と強調し、「今こそが退任にふさわしい時期と判断した」と述べ、政界引退を表明した。

このほか同氏は、過去27年にわたる議員生活を振り返り、「保健相時代にはイノベーション事業に注力。財務相時代には世界金融危機を経験し、NZ経済の立て直しに尽力した」と述べた。

イングリッシュ党首は2008年に発足したキー政権下で、副首相兼財務相として首相を支えた。キー元首相の辞任後は、16年12月から首相を務めたものの、昨年9月の総選挙でアーダーン首相率いる連立与党(労働党・NZファースト党・グリーンズ=緑の党)に敗れた。

国民党内部では、先の選挙で第一党となりながら議会過半数を確保できず、NZファースト党との連立協議でつまずき、野党に転落した責任を追及する声が議員から上がり、一部からはイングリッシュ氏の辞任要求まで出ていたという。


関連国・地域: ニュージーランド
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅から40分ほど車を…(08/17)

豪7月失業率、6年来で最低 フルタイム雇用拡大が貢献(08/17)

豪政府事業の入札、納税記録の提出義務付け(08/17)

新エネ政策、支持保留の州政府間で意見分裂(08/17)

英BP、豪で太陽光発電やEV充電事業計画(08/17)

SA州に太陽光発電所、リバティ会長が計画(08/17)

豪資源の自動化、30年までに実現=日立建機(08/17)

〔ポッサムのつぶやき〕巨大動物の化石を3Dに、BHPが協力(08/17)

VIC労働党、豪最大の公共交通開発を公約(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン