• 印刷する

コンビニ大手2社、1月売上高はともに好調

セブン―イレブンは3月5日まで、スマートフォンを利用した当選金最高2,000万台湾元(約7,400万円)のスクラッチくじを実施中(統一超商提供)

セブン―イレブンは3月5日まで、スマートフォンを利用した当選金最高2,000万台湾元(約7,400万円)のスクラッチくじを実施中(統一超商提供)

コンビニエンスストア台湾最大手「セブン―イレブン」を運営する統一超商(プレジデント・チェーンストア)と2位の「全家(台湾ファミリーマート)」を運営する全家便利商店の1月連結売上高は、ともに前年同月比プラス成長となった。

各社が発表した。統一超商の売上高は195億5,300万台湾元(約724億7,400万円)で前年同月比2.7%増加。春節(旧正月、今年は2月16日)連休を前に、「福袋」をはじめとする春節関連商品の売上が前年の同シーズンより40%近く伸びた。

海外事業では、フィリピンのセブン―イレブンの店舗数が前年同月比299店増の2,298店に拡大したことや、気温低下を背景にした店内入れたて飲料「シティーカフェ」の需要拡大、中食の新商品発売などが後押しし、売上高は13%増えた。

全家便利商店の売上高は54億8,500万元で前年同月比3.5%増えた。同社によると、寒い日が続いた影響で中食の売上が5%増加。約1年にわたり商品改良を続けてきた関東煮(おでん)の売上高が2倍に増えたほか、「香腸炒飯(ソーセージチャーハン)」などの新商品を投入し、コメを主体とするメニューの売上高が1割以上伸びた。

さらに寒波到来のタイミングで、プライベートブランド(PB)「ファミリーマートコレクション」が展開する薄地・軽量のダウンジャケットも売上高が5割以上伸びた。

両社は2月の売上高について、春節連休を前に各店で展開する旧正月関連ギフトの売上増や、祝日となる「二二八和平紀念日(和平記念日)」効果などが見込めることから楽観している。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、4Qは10%増収へ 通年は下方修正、仮想通貨向け縮小(10/19)

メモリー宜鼎、傘下4社とAIoT連盟(10/19)

米中摩擦の影響、車市場は「最後」=裕隆日産(10/19)

シャープ、プラズマ空気清浄機をMRTに設置(10/19)

繊維の福懋興業、漁網の再生繊維を米出荷へ(10/19)

ECの網家、19年3Qに台北で無人店舗(10/19)

OKマート、セルフ調理器「OKクック」導入(10/19)

海外資本の商用不動産投資、今年はゼロ(10/19)

台北の店舗用物件、地上1階以外の需要拡大(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン