レナウン親会社の如意、バリーを買収

レナウンを傘下に収める中国の有力アパレルグループ、山東如意国際時尚産業投資控股(山東省済寧市、如意控股集団)は、ルクセンブルクに本拠を置く大手投資会社のJABホールディングから、バッグや靴、アクセサリー類を手掛けるスイスの高級ブランド企業バリー・インターナショナルを買収する。JABが9日、3社間で契約を結んだと発表した。

買収額や買収後の持ち株比率など詳細は明らかにしていないが、如意はバリーの支配権を得て子会社化する。JABは少数株主として残る。

12日付北京商報によると、バリーは如意控股集団による買収後も独立した経営体制を維持する。フレデリック・ドゥ・ナルプ最高経営責任者(CEO)ら経営陣も留任する見通し。株の譲渡取引には関係当局の承認が必要で、年内の取引完了を予定している。

バリーは長期目標で、年間販売額10億米ドル(約1,087億円)の突破を掲げている。如意控股集団はバリーを傘下に収めた後、重点市場となるアジアなどでブランドのPR支援を行い、売り上げの拡大を目指す。


関連国・地域: 中国-山東欧州
関連業種: アパレル・繊維製造一般金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

軍民融合へ法令整理、足かせになるなら廃止(02/23)

安邦保険、法律違反で公的管理=保監会(02/24)

寧徳時代、海外展開を加速へ 急成長の車載電池大手(02/23)

エイサー、フィリピン市場で商機拡大(02/23)

〔寄り道〕「新年快楽」「恭喜発財」――(02/23)

春節の小売売上高15兆円、前年比10%増(02/23)

ミャンマーと日本企業の意見交換会開く(02/23)

周大福、体験型店舗で若者集客へ(02/23)

世界の富裕都市、トップ10に北京と上海(02/23)

セリーヌディオンのブランド、香港上陸へ(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン