SFC、仮想通貨取引所に警告書簡

香港証券先物委員会(SFC)は9日、香港の仮想通貨取引所7カ所と新規仮想通貨公開(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)により資金調達しようとしている企業に対し、「詐欺の疑いがあれば、捜査のため警察に案件を引き渡す」と警告する内容の書簡を送った。サウスチャイナ・モーニングポストなどが伝えた。

香港と香港に関連する取引所7カ所に対し、ライセンスを持たない状況下で“証券”に属する仮想通貨の売買を行わないよう警告。ただ7カ所は関連する仮想通貨の取引を行っておらず、これまでに関連取引を取りやめていることを確認したとも付け加えた。

SFCは、「『仮想通貨取引所に資産を悪用された』、『取引所が市場を操作した』、『取引所のプラットフォームの技術的な故障で莫大な損失を被った』といった訴えが寄せられている。ICOの発行者に対しては、無免許または不正な行為を訴える苦情が複数出ている」と明らかにした。法定通貨、仮想通貨のどちらの形でも取引所の口座から資金を引き出すことができないとの苦情があることも紹介した。

SFCの梁鳳儀(ジュリア・リョン)執行役員は「仮想通貨とICOのリスクを完全に理解できないか、大きな損失に備えられないのであれば、投資すべきではない」とコメント。「規制されていない仮想通貨取引所に法定通貨と仮想通貨を保管している投資家は、ハッキングや資産が悪用されるリスクを認識すべきだ」と呼び掛けた。

SFCは、「今後もICO活動を監視していく」としている。


関連国・地域: 香港
関連業種: IT・通信金融・保険社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

17年の大卒生月収2%増、ジョブズ調べ(02/23)

テレビ視聴者は根強く存在 半数が夜時間帯に、CSM初調査(02/23)

化粧品大手のササ、台湾市場から撤退(02/23)

周大福、体験型店舗で若者集客へ(02/23)

セリーヌディオンのブランド、香港上陸へ(02/23)

スイス時計の1月香港輸出、5年ぶり伸び幅(02/23)

ボッシーニ、業界は「昨年末に底入れ」(02/23)

国産真珠の競売会、23日から香港で開催(02/23)

東亜銀の17年12月期、実質8割増益に(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン