首都圏のオフィス供給、年90万平米ペースに

米系不動産大手コリアーズ・インターナショナル・フィリピンは、マニラ首都圏で2020年まで、毎年90万平方メートルの賃貸オフィスが新規供給されるとの見通しを示した。海外オンラインカジノ事業者やビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業が需要をけん引するという。…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

国内最大のプールがクラークで開業(19:55)

オンラインカジノ市場、18年は60億ペソに(12:28)

現代自の1月販売、3%増の2903台(14:15)

トヨタ、優遇車生産へ万全 投資額は100億円超に拡大(02/23)

エイサー、フィリピン市場で商機拡大(02/23)

日比経済合同委が開催、インフラ開発で対話(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

17年FDI認可額が半減、欧米3カ国が急落(02/23)

外資規制緩和、3月にNEDAボードで協議(02/23)

保険会社の新資本規制、予定通り実施(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン