• 印刷する

〔ポッサムのつぶやき〕世界初!QLD州で自動運転車用に町作り

オーストラリア・クイーンズランド(QLD)州沿岸のサンシャインコーストにある町、マルーチドアが、世界で初めて、自動運転の自動車に特化した中央商業地区(CBD)の建設を計画している。1日付オーストラリアンが伝えた。

開発業者サンセントラルとともに開発に取り組む起業家でテクノロジーアドバイザーのザック・ジョンソン氏は「これまでになかったものを作りたい」とし、同地は未開発の土地で競合する既存インフラがないため、一からCBDを作ることが可能だと説明した。

また、最も重要な特長として、巨大な海底ケーブルを使った「速度無制限」のインターネット接続を可能にするとも話した。これにより、建物や周辺にセンサーを設置し、地元カウンシルと環境のこれまでになかったコミュニケーション方法が可能になる。

ごみ処理システムにセンサーを埋め込み、容器が満杯になると空気圧で地下に吸い込むようにしたり、電柱にセンサーを付け、自然光に応じて電灯を調整したりするなどだ。

また、交通システムに個人のプロファイルをリンクし、音声認識で、例えば「車で仕事に連れて行って」と言えば自動運転車が行先を把握している、といったことも可能になるという。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:電車で友人との帰り、向…(12/14)

今年の豪IPO総額、34%増 件数減少も大型案件が押し上げ(12/14)

NSW州政府、揚水発電所24カ所の新設計画(12/14)

豪世帯電力価格、17/18年度に22%上昇(12/14)

〔ポッサムのつぶやき〕週末は暴風雨に注意!サイクロン上陸も(12/14)

アマゾン、来年から食品雑貨を割引で宅配(12/14)

豪法人税、現金収支ベースに課税案(12/14)

〔政治スポットライト〕労働党、低賃金職種に産業横断交渉権(12/14)

民間の労使協定が急減、30年には2%へ(12/14)

発電ラチャブリ、豪風力発電所を稼働(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン