台プラ総裁、環境評価による投資停滞を懸念

台塑関係企業(フォルモサプラスチックグループ、台プラ)の王文淵総裁は1月31日、米国や中国での投資計画が進む中、「台湾では環境影響評価(環境アセスメント)の厳格化により施設や設備拡張の投資が停滞している」と改めて懸念を示した。31日付経済日報が伝えた。 台プラ主要…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 化学・石化金融・保険社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「台北の裏面も見ておい…(05/21)

通信・IoTは年5000人必要 国発会、今後3年の人材需給発表(05/21)

台湾の如興、ジーンズ2工場の新設計画(05/21)

鴻海・郭董事長、半導体の自社製造に意欲(05/21)

行政院長が張忠謀氏と会談、スマート社会実現で(05/21)

メッキのNAKARAI、台湾での薬剤販売が好調(05/21)

電動二輪の其易、印ヒーローモトコープと覚書(05/21)

統一企業がアルミパックの生産増強、年末稼働(05/21)

大同の増資計画、使途不明で株主が不認可要求(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン