• 印刷する

ヤンゴン複合施設カンタヤ、5月仮開業

ミャンマー最大都市ヤンゴン中心部で整備が進められている複合商業施設「カンタヤタワー」が、5月に仮オープンする見通しになった。事業者トップの話として、シンガポールのニュースサイト、ディールストリート・アジアが29日伝えた。

香港系合弁の開発業者アジア・ミャンマー・シャイニングスターが、ミンガラ・タウンニュン郡区の政府所有の土地4エーカー(約1.6ヘクタール)に、1億8,000万米ドル(約195億円)で高層ビル4棟を建設している。

米ホテル大手ウィンダムホテルグループの5つ星ホテル「ウィンダム・グランド・ヤンゴン・ロイヤルレイク」が入居し、サービスアパートメントや住居、オフィスとしても使われる。公式オープンは10月になる見込み。

スーパーマーケットや高級ブランド店、スポーツセンターなども備える。アジア・ミャンマー・シャイニングスターのネイン・アウン運営部長によると、25階建ての住居棟は1平方フィート(約0.09平方メートル)当たり、約30万チャット(約2万4,000円)で販売している。

アジア・ミャンマー・シャイニングスターは、香港シャイニング・スター・インベストメントと地場のアジア・ミャンマー・コンソーシアム・デベロップメントの合弁会社。


関連国・地域: 香港ミャンマー
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

一帯一路で初会議、事業の選択は必要と首脳(18:47)

改憲審議の委員会設置、与党動議で(18:43)

外国直接投資に復調の兆し 18年度12億ドル、目標の22%に(02/19)

日本語教師、授業に生活・文化事情の反映を(02/19)

米企業、金融や教育分野の投資に関心(02/19)

マンダレー、ごみ収集車にIT管理システム(02/19)

高付加価値の農産品、韓国への輸出促進協議(02/19)

ミャンマーとラオス、電力協力で閣僚級会合(02/19)

新興リサイグロ、北欧企業から資金調達(02/19)

豪企業、マンダレーで金の採掘認可を申請(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン