• 印刷する

ヤンゴン複合施設カンタヤ、5月仮開業

ミャンマー最大都市ヤンゴン中心部で整備が進められている複合商業施設「カンタヤタワー」が、5月に仮オープンする見通しになった。事業者トップの話として、シンガポールのニュースサイト、ディールストリート・アジアが29日伝えた。

香港系合弁の開発業者アジア・ミャンマー・シャイニングスターが、ミンガラ・タウンニュン郡区の政府所有の土地4エーカー(約1.6ヘクタール)に、1億8,000万米ドル(約195億円)で高層ビル4棟を建設している。

米ホテル大手ウィンダムホテルグループの5つ星ホテル「ウィンダム・グランド・ヤンゴン・ロイヤルレイク」が入居し、サービスアパートメントや住居、オフィスとしても使われる。公式オープンは10月になる見込み。

スーパーマーケットや高級ブランド店、スポーツセンターなども備える。アジア・ミャンマー・シャイニングスターのネイン・アウン運営部長によると、25階建ての住居棟は1平方フィート(約0.09平方メートル)当たり、約30万チャット(約2万4,000円)で販売している。

アジア・ミャンマー・シャイニングスターは、香港シャイニング・スター・インベストメントと地場のアジア・ミャンマー・コンソーシアム・デベロップメントの合弁会社。


関連国・地域: 香港ミャンマー
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

低価格住宅の不足が深刻化 ADB、ヤンゴン人口増で警鐘(06/27)

マンダレー、華為との事業提携を見直しへ(06/27)

紛争地のネット遮断、国連報告者が非難(06/27)

ラカイン州議会、ネット接続遮断解除を要請(06/27)

自動車部品の輸入許可を拡大、組立業を支援(06/27)

厦門航空、ヤンゴン直行便の運航開始(06/27)

銀行口座の開設希望者が増加=VISA調査(06/27)

チン州、アウン・サン将軍像の設置取り止め(06/27)

シュエマン新党、結成2カ月で党員10万人(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン