JCインター、5月にも札幌便就航か

中国の雲南景成集団が運営するカンボジアのJCインターナショナル航空は、以遠権を利用し、5月にもプノンペン―台北(桃園)―札幌(新千歳)便の就航を計画しているもようだ。台湾のニュースサイト「Nownews」が伝えた。

JC航空は昨年5月にプノンペン―台北便を就航した際、以遠権を利用した札幌就航を計画していることを明らかにしていた。インターネット上では、台北―札幌便は5月1日に運航を開始し、1日1往復になるとの情報が流れている。

JCインターは、プノンペン、シアヌークビル、シエムレアプを結ぶ国内線を運航しているほか、カンボジアと香港、台北、昆明、重慶、マカオ、西安、バンコク、シンガポールなどを結ぶ国際線を運航している。


関連国・地域: 台湾カンボジア日本
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

過積載車両の取締り延期要請 国際競争力奪うと縫製協会(02/16)

欧米商工会、物流コスト低減を政府に訴え(02/16)

新興航空カンボジア・エア、下期に台湾就航(02/16)

中銀、実態ない10宝石業者の免許はく奪(02/16)

首都―ポイペト鉄道、4月に一部試験走行(02/16)

カンボジア産米の認証機関設立、偽装対策(02/16)

首相、韓国と北朝鮮の五輪外交評価(02/16)

【カンボジア経済通信】中国首相が訪問、大盤振る舞い続く 第331回(02/16)

17年の観光収入、13%増の36.3億ドル(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン