• 印刷する

ロッテ情報通信、EVインフラ事業本格化

韓国のITサービス大手ロッテ情報通信が、ロッテのグループ会社と通信大手のKTと協力し、電気自動車(EV)の充電と課金システム構築事業を本格化する。グループ会社との相乗効果により新事業を着実に推し進めたい考え。25日付デジタルタイムスが伝えた。

ロッテ情報通信はシステムインテグレーション(SI)事業のノウハウを生かし、ロッテ百貨店やロッテマートなど韓国各地の小売店にEV充電設備と課金システムを設け、EV普及に取り組む戦略。環境省が近く新たに選定するEV用充電器の設置事業者にも名乗りを上げている。

ロッテグループは2015年にレンタカー首位のKTレンタルを買収し、ロッテレンタカーと社名を変更。同社は昨年、KTの業務用レンタカーと社用車1万台を2022年までに現代自動車のEV「アイオニック」に替えることで合意している。EV充電サービス事業を手掛けるKTも、全国的な流通網を持つロッテとの協力が有利と判断した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

日本で韓国文化イベント、約9万人が来場(19:09)

LG電子、カナダのマイクロLED企業に出資(18:14)

若者向けITセンターが開所、韓国支援(05/20)

テイクオフ:お笑い芸人は韓国でも非…(05/20)

配車アプリ、サービス多様化 競争激化でもっと便利に(05/20)

4月輸出額2.0%減、半導体が低迷=確定値(05/20)

上場企業の実績、半導体業界の不振で減益に(05/20)

サムスン1Q半導体売上、34%減少(05/20)

KCC、米シリコーン大手の買収完了(05/20)

韓国国際協力団、中部都市のスマート化推進(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン