テイクオフ:今年のえとであるいぬ年…

今年のえとであるいぬ年は、新しい生命の始まりを示すと言われる。マレーシア人にとって、2018年はあらゆるものに「さよなら」を言わなければならない年のようだ。

旧正月明けには、5年に一度の総選挙が控えている。正式な日程はまだ発表されていないが、ちまたでは4月か5月に実施されるだろうとうわさされている。

総選挙で注目すべきは、第4代首相として22年間トップを走ったマハティール元首相の動向だ。マハティール氏はおととし、与党を離れて野党新党を結成した。今回の総選挙で勝利を収めなければ、92歳の元首相は今度こそ、政治的に「さよなら」だろう。一方、野党が政権交代をなしえれば、独立以来60年あまりの与党政権にさよならだ。

華人系は、新たな衣服を整えて旧正月(春節)を迎える。古い衣を脱ぎ捨てるように、「ワン」ダフルな年になることを願う。(て)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:いつもと同じ空間なのだ…(05/22)

「100日間10の約束」が試金石 ジェトロ・アジア研、熊谷氏寄稿(05/22)

楽天トレード、開業1年で口座開設1.2万件(05/22)

RM=27.9円、$=3.97RM(21日)(05/22)

原油高騰、政府歳入は60億リンギ増の可能性(05/22)

フアヒン空港、PPPで拡張の見通し(05/22)

ハラル化粧品ニュートリック、星に再進出へ(05/22)

試験設備MMS、向こう5年で売上高倍増へ(05/22)

製紙NTPM、5千万リンギで生産増強(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン