• 印刷する

東部の自動車・タイヤ試験場、4月に着工

タイ工業省傘下の工業製品規格事務局(TISI)は、東部チャチュンサオ県サナームチャイケート郡に建設する自動車・タイヤ試験センターを4月に着工する方針だ。22日付ポストトゥデーが報じた。

当初は昨年中に着工して4月に一部施設を完成させる予定だったが、地元住民との調整に時間がかかり、遅延している。TISIのナタポン事務局長によると、4月に着工できれば、9月にはタイヤの試験場の一部が完成する。

同施設全体の敷地面積は1,235ライ(197.6ヘクタール)。投資額は37億4,000万バーツ(約130億円)。タイ政府が国策として進める東部3県の経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」への自動車関連企業の投資を誘致する上で重要な役割を果たすとみられている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

不動産カントリー、20年にインター校開設へ(14:02)

テイクオフ:バンコクからカンボジア…(01/22)

中タイ高速鉄道、ラオス延伸へ19年入札も(01/22)

18年の輸出額は6.7%増 下期減速で目標未達、摩擦影響も(01/22)

18年の高層住宅戸数は4割増、土地局(01/22)

不動産LPN、社債発行で16物件立ち上げへ(01/22)

ドンムアン空港で今月末工事、航空便遅延も(01/22)

書店ナイイン、小包配送サービスに参入へ(01/22)

外食最大手フィールインター、タイに出店(01/22)

鉄鋼3社、プレハブ住宅の共同出資会社設立(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン