• 印刷する

東部の自動車・タイヤ試験場、4月に着工

タイ工業省傘下の工業製品規格事務局(TISI)は、東部チャチュンサオ県サナームチャイケート郡に建設する自動車・タイヤ試験センターを4月に着工する方針だ。22日付ポストトゥデーが報じた。

当初は昨年中に着工して4月に一部施設を完成させる予定だったが、地元住民との調整に時間がかかり、遅延している。TISIのナタポン事務局長によると、4月に着工できれば、9月にはタイヤの試験場の一部が完成する。

同施設全体の敷地面積は1,235ライ(197.6ヘクタール)。投資額は37億4,000万バーツ(約130億円)。タイ政府が国策として進める東部3県の経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」への自動車関連企業の投資を誘致する上で重要な役割を果たすとみられている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

17年の燃料輸入222万トン、鉱業省(17:01)

テイクオフ:今月は日本の自治体の知…(11/20)

政府、タイ出稼ぎ労働者の合法化に苦慮(11/20)

3QのGDP成長率は3.3% 1.3P鈍化、内需拡大も輸出減速(11/20)

BOIが新たな投資振興策、HV生産も認可(11/20)

IHI、低温倉庫向け自動設備を受注(11/20)

タイ航空ケータリング部門、北部に新工場(11/20)

電力省、9管区・州で風力発電の事業化調査(11/20)

国営トランスポート、小包宅配への参入計画(11/20)

サイアムピリヤ、週末市場で商業施設開業へ(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン