• 印刷する

ヤンゴンバス電子決済事業、台湾宏碁が落札

ミャンマー最大都市の公共路線バス「ヤンゴン・バス・システム」(YBS)の電子決済システム「ヤンゴン・ペイメント・サービス」(YPS)の請負業者を選ぶ入札で、ヤンゴン管区政府は10日、台湾のパソコン大手、宏碁(エイサー)系の合弁会社、エクセル・ケーシー・ミャンマーを指名した。電子メディアのイラワジが11日伝えた。

エクセル・ケーシーは、警備サービスなどを手掛けるエクセル・ミャンマー・グループと台湾のパソコン大手、宏碁(エイサー)が昨年6月、入札参加を控えて設立した。入札の選考委員の一人、顧問会社トゥン・グループ・アジアの代表チット・トゥン・ペ氏は、エクセル・ケーシーが、自前の技術と機材を利用できる点を選考理由に挙げた。

管区政府は昨年8月に入札を実施、応札した14社のうち、3社が事前審査を通過。管区のミン・タウン計画・財務相を委員長とする選考委員会が最終選考を進めていた。

エクセル・ケーシーはヤンゴン運輸庁(YRTA)管理の下、200億チャット(約17億円)を投じ、YBSのバスに自動決済システムを設置する。

エクセル・ケーシーとエクセル・ミャンマー・グループの社長を務めるゾー・ウィン氏は「エイサーは自社で電子機器とICT(情報通信技術)製品を製造しているため、YBSの支払いシステムを大幅に改善できる」と話した。


関連国・地域: 台湾ミャンマー
関連業種: 運輸IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

障害者の雇用理解に手引き 日本のNPOなど、企業向けに(01/21)

ヤンゴンバス電子決済、年内に稼働目指す(01/21)

中銀、民間銀に3年以下の住宅ローン認可(01/21)

石油公社、マグウェーで26日に試掘開始(01/21)

10~12月の貿易額は84億ドル、1億ドル増(01/21)

ゴム輸出税の引き下げ検討、免税範囲も拡大(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

ネピドーに緊急医療訓練センター、国内初(01/21)

ヤンゴンのカンタヤセンター、正式開業(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン